福島みずほのどきどき日記

「安保法制違憲訴訟・女の会」裁判で意見陳述

「安保法制違憲訴訟・女の会」の裁判が東京地裁で行われ、意見陳述をしました。
陳述書を読んでください。


意見陳述書

2017年11月15日

原告番号87 福島瑞穂

1. 準備書面(7)は、安保関連法について、2014年7月1日閣議決定から強行採決に至るまでの国会審議の経過及び内容を示したものです。憲法の基本を解釈によってねじ曲げ、違憲立法を強行採決をした事は、立憲主義を踏みにじるものです。私は、国会議員として、憲法99条に基づく憲法尊重擁護義務を負うものとして、違憲立法は許さないという立場で粉骨砕身努力してきましたが、安保法制を可決成立させたことによって、この国民から負託された義務を果たすことができず、また私自身の国会議員としての権利を踏みにじられました。

2. 2014年7月1日の閣議決定と本件法制については、国会においても元内閣法制局長官が、これまでの政府解釈を全く異なるものに変えてしまうもので憲法違反・立憲主義違反を犯すと指摘し、元最高裁判事や憲法学者も口をそろえて違憲であることを指摘してきました。政府が説明に使った砂川判決も、集団的自衛権行使を容認する判断ではないことが明らかになりました。

3. また、立法事実もないことは誰の目からみても明らかでした。
 集団的自衛権行使を認めなければならないという説得力は政府には皆無でした。唯一必要だといったホルムズ海峡の機雷除去さえ、総理は、最後には「想定していない」と言い、米韓防護における日本人母子も必要条件ではないことが明らかになりました。集団的自衛権等の武力行使を認める正当性や基準はあいまいで、国会など民主主義的コントロールも効かないことも暴露されました。このように、立法事実は、国会審議を通じて雲散霧消してしまったのですから、その時点でこの法案は直ちに廃案にすべきでした。そうでなければ、これまでの審議で取り上げられなかった重要な課題についてさらに質疑がなされるべきでした。

4. 参考人質疑は、衆議院で2回、参議院では1回のみです。公述人と参考人には女性は1人もいません。9月16には、衆参女性国会議員有志により女性の意見を参考人及び公述人として聞くよう参議院特別委員会鴻池委員長に手渡しましたが、それは、私たち国会議員は国民全体の代表として、平和憲法下における女性参政権の意義を重んじ、国民の負託に応えるべき責任があるからです。女性の声が十分に反映されていないという点で、国会の審議手続きには瑕疵がありました。

5. 安保関連法の審議手続きの違法は、まだあります。私自身も含めて国会議員の質問権、討論権、表決権が侵害され、不利益を受けました。9月15日、参議院安保関連法特別委員会で中央公聴会が開かれました。そして、9月16日に、横浜で地方公聴会が開かれました。そして9月17日、特別委員会の委員長の不信任動議が否決され、委員長が着席した途端、強行採決になりました。
地方公聴会の後は1秒も審議はされていません。これは、憲政史上初めてのことであり、公聴会を冒涜するものです。そして、公述人の意見が、審議に反映される事はありませんでした。地方公聴会は、派遣された委員のみで行っているので、その結果を委員会に報告する手続きは必須であるのに、その報告がないまま採決するという憲政史上初めての暴挙がまかり通りました。議事録も掲載されていません。2015年10月に発表された議事録は、末尾に、地方公聴会の議事録が[参照]として掲載されていますが、報告もされていない内容を議事録にあったものであるかのように掲載するのは、違法を取り繕うものとしか言えません。
また、与党は、この日2時間の総理への締めくくり総括質問をセットすると伝えてきており、安保特別委員会の委員である私は質問を用意して待ち構えていたのですが、その質問権が侵害されました。国民の負託を受けて質疑をする国会議員としての基本的な権利が侵害されたことで、私は大きな不利益を被り、さらに強行採決は、私の討論権と表決権も奪っていきました。

6. 第二次世界大戦中の日本人の300万人、アジアで2000万人以上といわれる犠牲者の上に、私たちは、日本国憲法を手にしました。そして、憲法9条は、戦争しない、加担もしないという戦後を築いてきたのです。
このように、立憲主義が踏みにじられ、その過ちが司法によって糾されなければ、人々は憲法も法も司法も信じません。私は、憲法は権力者を縛るものというごく普通の憲法学にしたがって、弁護士として、国会議員として活動してきましたが、これほどの憲法と法の支配の危機を経験させられることになるとは想像もしませんでした。違法な手続きに基づく違憲立法は正義によって修復されなければなりません。その責任は、まさに司法にも問われるものであることを指摘して私の意見陳述とします。
以上
PageTop

12月2日に愛媛で「みずほ塾in愛媛」開催します

 11月13日(月)

 社民党愛媛県連合は「みずほ塾in愛媛」を12月2日(土)午後1時から松山市の東京第一ホテル松山で開催します。 
 テーマは「国会で審議されたこと されなかったこと 政治を変えよう!」です。

 ぜひお近くの皆さま、お誘い合わせの上、お越し下さいませ。

 ■日時 2017年12月2日(土) 午後1時~
 ■場所 東京第一ホテル松山
 ■講師 福島みずほ 社民党副党首 参議院議員
 ■テーマ 「国会で議論されたこと されなかったこと 政治を変えよう!」
 ■参加費 無料
 ■問い合わせ 社民党愛媛県連合
 電話 089-941-6065
 FAX 089-941-6079
みずほ塾in愛媛
PageTop

12月9日に石川で福島みずほ&山城博治 政治と沖縄を語る

 11月8日(水)

 社民党石川県連合は、12月9日(土)午後4時から6時まで石川県教育会館3階大ホールで社民党スクール2017「今後の政治の動きと沖縄を語る」と題した講演会を開催します。

 福島みずほ社民党副党首は「総選挙後の政治の動き」を、山城博治沖縄平和運動センター議長は「今語りたい、沖縄の心」をテーマに話します。

 ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい。 

 なお、終了後の18時半から、会場を移してANAホリディ・インスカイ金沢」で講師との懇親会
(会費5千円)が開催されます。

 ■日時 2017年12月9日(土) 午後4時~6時
 ■場所 石川県教育会館(金沢市香林坊1-2-40)3階大ホール
 ■講演 福島みずほ(社民党副党首 参議院議員) 「総選挙後の政治の動き」
       山城博治 (沖縄平和運動センター)「今語りたい、沖縄の心」
 ■参加費 1千円
 ■お申し込み 社民党石川県連合 電話 076-233ー3360
社民党石川県連合社民党スクール2017
PageTop

12月13日に「福島みずほ国会報告会in川崎」開催

11月8日(水)

 福島みずほ川崎応援団は12月13日(水)午後6時から8時まで、「福島みずほ国会報告会in川崎」を開きます。

 福島みずほ参議院議員が「9条を守る!憲法改悪発議を阻止!」をテーマに話します。

 お近くの皆さま、ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい。

 ■日時 12月13日(水) 午後6時~8時
 ■場所 川崎市スポーツ・文化総合センター(カルッツかわさき)1階 第1・2大会議室
 ■資料代 300円
 ■問い合わせ 福島みずほ川崎応援団 事務局 
 電話&FAX044-211-3222
福島みずほ川崎応援団集会チラシ
PageTop

11月28日に横須賀で集会を開きます

 11月2日(木)

 福島みずほ参議院議員は11月28日(火)午後7時から、ヴェルクよこすか6階大ホールで、シールズ琉球の元山仁士郎さんと一緒に、「基地・原子力空母」「平和・憲法・沖縄」「医療・介護・年金」「脱原発・環境」「若者・雇用・人権」などのテーマで、衆議院選挙後について語り合います。

 お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

 ■日時 11月28日(火)午後7時~8時半
 ■場所 ヴェルクよこすか(横須賀市日の出町1-5)6階ホール
 ■参加費 無料
 ■問い合わせ 
 福島みずほ事務所 電話03-6550-1111
 社民党神奈川県連合 電話045-681-2561
171128元山仁士郎さんと横須賀集会
PageTop

みずほ塾スペシャルセミナーのご案内

 10月25日(水)

 世田谷区の保坂展人区長を迎えて、11月15日(水)午後6時から8時まで、
東京・文京区の全水道会館でみずほ塾スペシャルセミナーを開催します。

 テーマは「政策実現のノウハウ 免許皆伝
 -理念や思想を政策に、制度設計から、事業実現へ!」

 ぜひ皆さまお誘い合わせの上、お越し下さい。

 ■日時 2017年11月15日(水) 午後6時から8時まで
 ■会場 全水道会館(文京区本郷1-4-1)
 ■講師 保坂展人(世田谷区長)
 ■テーマ「政策実現のノウハウ 免許皆伝 -理念や思想を政策に、制度設計から、事業実現へ!」
 ■参加費 1千円
 ■お申込み 福島みずほ事務所宛てにメールかFAXで、お名前・郵便番号・ご住所・電話番号・メールアドレスを明記の上、お申し込み下さい。
 〒100-8962 千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1111号室
 電話03-6550-1111 
 FAX03-6551-1111
 メールアドレス mizuhoto@vivid.ocn.ne.jp
PageTop

安倍総理が海外で約束した支援一覧表

安倍総理が海外に行くと相手国に対して、様々な支援を表明し、一定規模の支援金を約束します。
これらの詳しい内容を政府はあきらかにしていません。
最近の支援表明した一覧を外務省から入手、下記に添付しますので、ご覧下さい。
image1.jpeg
image2.jpeg
image3.jpeg
PageTop

9月16日 茅ヶ崎で集会を開催します

◆「福島みずほ・ささき克己と語ろう!」のお知らせ

9月16日に「福島みずほ・ささき克己と語ろう!」という集会を
開催します。テーマは、憲法、平和、くらしです。
ぜひご参加ください。

日程 2017年9月16日(土) 13時30分開場 14時開会
会場 さがみ農協茅ケ崎ビル5F
    (JR茅ヶ崎駅北口 徒歩5分)
PageTop

共謀罪は廃止できる大集会のお知らせ

◆共謀罪は廃止できる大集会が開催されます。
 9月15日(金)18時半から日比谷野外音楽堂で開催されます。
 集会のあとに銀座デモもあります。
 お知り合いをお誘い上、どうぞご参加ください。
 私も発言をする予定です。
DSCN4616.jpg
PageTop

女性・政治スクールin沖縄 24日(日)午後2時から那覇市で

 9月11日(月)
 
 「女性・政治スクールin沖縄」が9月24日からスタートします。
 午後2時から那覇市水道局厚生会館3階。
 オープニング記念講演で、福島みずほが国政について語ります。

 お誘い合わせの上、ご参加をお待ちしています。

 ■日時 2017年9月24日(日) 午後2時~4時
 ■場所 那覇市水道局厚生会館3階 
 ■テーマ 国政を語る
 ■講師 福島みずほ 参議院議員
 ■参加費 300円
 ■主催 女性・政治スクールin沖縄実行委員会 (I女性会議・社民党女性基金)
 ■連絡先 狩俣信子 電話098-886-1700
PageTop

ビルマ ロヒンギャ族への弾圧

ビルマ(ミャンマー)の少数民族の問題は、民主化されたビルマにおいても大きな問題となっています。特に、ロヒンギャ族に関しては、ビルマ政府からも迫害をうけている民族として、国連や人権団体が問題視してきました。
福島みずほ事務所では、これまで数年にわたり、ビルマから難民として日本に来て、母国のロヒンギャ族のために活動している皆さんと一緒に、外務省交渉を続けてきました。
ここ数日間、ロヒンギャ族への「民族浄化作戦」とも言われる弾圧が報道で大きく取り上げられています。とても、心を痛めています。そこで、9月6日に外務省から現状と対策について、ヒアリングをしましたので、その内容をお伝えします。

■ヒアリング内容■

1.ロヒンギャ族への迫害についてどのように認識しているか?
・ラカイン州北部における現状について、強い懸念をしており、また注視しているところ。
・現時点で、国連が報告している12万人の難民がでているとの情報があり、詳しい情報をさらに収集するべく作業をすすめているところ。【9月8日時点で27万人との報道があり】
・8月25日のテロ行為に対して、非難する談話を29日に外務省として発信しておりHPにも掲載した。
内容としては、日本政府としては、治安の回復、住民の保護、人道支援へのアクセス確保を強く期待する、というもの。
・このメッセージをミャンマー政府には直接届けてはいないが、見ているはずである。

2.現時点で日本政府がどのような対応をしているのか?
・現在、何ができるかを検討しているところ。ミャンマーの中で、治安が悪化している中、住民が保護されるよう期待するところ。
・バングラディシュ側でも、同じような状況にあり、何ができるかを検討をしている。まず、目の前の危険にさらされている住民の支援を、現地に入っている国連機関(NHCHR、WFP)、国際赤十字と連携して、検討しているところである。
・そして次には、中長期的に、平和と安定を確実なものにするよう、検討を続けていく。

PageTop

みずほ塾in関西、9日に大阪市でスタートします!

 9月6日(水)

 いよいよ「みずほ塾 in関西」が今週末の9日午後1時半からクレオ大阪東館大ホールでスタートします。
 「女性が動けば政治が変わる! 未来を拓く女性たち集まれ!」を合い言葉に、初回の9日は「女性と政治」をテーマに大阪国際大学准教授の谷口真由美さんと福島みずほ参議院議員が語ります。
 初回は一般公開講座で、どなたでもご参加頂けます。

 参加費は1回のみ参加は1000円。
 3回通しで前納頂ける場合は2000円。
 託児あり要予約。

 <第1回>
■日時 9月9日(土) 午後1時半~4時半
■会場 クレオ大阪東館 大ホール(大阪市城東区鴫野西2-1-21)*京橋南口下車徒歩10分
■テーマ 「女性と政治」
■講師 谷口真由美さん(大阪国際大学准教授)
    福島みずほ(社民党 参議院議員)

 <第2回>
■日時 10月14日(土) 午後1時半~4時半
■会場 PLP会館 5階大ホール (大阪市北区天満橋3-9-27) JR天満徒歩5分 扇町4番出口徒歩3分
■テーマ 「森友問題から見る自治体議員と国会議員のがんばり」
■講師 木村真さん(豊中市議会議員)
    福島みずほ(社民党 参議院議員)

 <第3回>
■日時 11月4日(土) 午後1時半~4時半
■会場 PLP会館 5階大ホール (大阪市北区天満橋3-9-27) JR天満徒歩5分 扇町4番出口徒歩3分
■テーマ 「貧困と格差~人が大切にされる政策の実現をめざして」
■講師 荘保共子さん(子どもの里館長)
    大椿裕子さん(大阪教育合同労働組合委員長)
    福島みずほ(社民党 参議院議員)
 
 問い合わせは大橋さん電話0725-56-9233
         長崎さん電話06-6716-3174

  みずほ塾in関西表面
みずほ塾in関西裏面
PageTop

10月4日、福島みずほ 「未来をつくり、希望をつなぐパーティ」のご案内

 8月30日(水)

 秋のパーティを今年も開催します。
 いろんな集会や活動で会っている仲間と楽しく語り合い、そして、様々なテーマで活躍されている皆さんとジャンルを超えて出会える機会になればと思います。
 どうか、お知り合い、仲間、友人を誘って参加して下さいますようお願いします。
 ご参加をお待ちしています。

 ■呼びかけ人(順不同・敬称略)
 佐高信(評論家)
 海渡雄一(弁護士)
 保坂展人(世田谷区長)
 杉本彩(女優)
 古今亭菊千代(噺家)
 浜矩子(同志社大学大学院教授)
 武藤類子(福島県民)
 三浦まり(上智大学教授)
 雨宮処凜(作家・活動家)
 坂手洋二(劇作家・演出家)
 竹信三恵子(和光大学教授)
 中野晃一(上智大学教授)
 満田夏花(環境団体勤務)
 
 ■日時 2017年10月4日 (水) 午後6時半~
 ■場所 都市センターホテル コスモスホール (東京都千代田区平河町2-4-1)
 ■参加費 5千円
 ■お申し込み・問い合わせ
 〒100-8962 
東京都千代田区永田町2-1-1 
参議院議員会館11111号室
電話03-6550-1111
FAX03-6551-1111
メール mizuho-office@jca.apc.org
PageTop

平和大使の軍縮会議演説はなぜ中止されたのか

日本の高校生平和大使は、2014年以来3年連続で、毎年8月にジュネーブ軍縮会議において「核兵器廃絶」を世界に訴えてきました。しかし、今年は突然この演説が見送られたことから、メディアが「核兵器禁止条約不署名について演説で言及されることを日本政府が懸念したのではないか」などと報じました。
この問題について外務省軍備管理軍縮課に問い合わせたところ、以下の文書回答が本日届きましたので掲載いたします。

<回答>
軍縮会議は政府間交渉の場であり,通常政府代表の発言しか認められていない。これまでは,高校生平和大使を当日のみ政府代表団として登録するという例外的な対応を取ってきたが,近年こうした例外的な措置を問題視する国が出てきた。
そうした状況の下,意思決定においてコンセンサスを必要とする軍縮会議において,こうした例外的な対応を継続しスピーチの機会を得ることは困難であることから,本年は高校生平和大使の関連団体に対してその旨お伝えすると共に,日本政府代表部において核兵器国,非核兵器国を含む各国外交官と高校生平和大使との意見交換の機会を設けたところである。
核兵器禁止条約の採択や高校生の発言内容とは関係がない。
(以上)

軍縮会議で日本の高校生が核軍縮を訴えることに対して、いったいどの参加国が問題視したというのでしょうか。にわかには信じがたい話です。軍備管理軍縮課は「国名は言えない」としています。高校生平和大使の演説は継続されるべきです。
PageTop

9月16日、茅ヶ崎で「福島みずほ&ささき克己未来を語ろう」集会開催します

 8月16日(水)

「福島みずほ・ささき克己と未来を語ろう」集会のご案内

 9月16日(土)午後2時から4時まで、茅ヶ崎駅北口徒歩5分の茅ヶ崎ビル5階のさがみ農協で、「憲法☆平和☆くらし」をテーマに、福島みずほ参議院議員と社民党神奈川県連合副代表のささき克己さんがトークをします。
 主催は「ささき克己を国会に送る会」
 共催は「福島みずほ・ささき克己と未来を語ろう」集会実行委員会
 お近くにお住まいの皆さま、ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい。

 ■日時 2017年9月16日(土)
 ■場所 茅ヶ崎ビル5階 さがみ農協(茅ヶ崎市新栄町13-44)
 ■テーマ トーク&トーク「憲法☆平和☆くらし」
 ■対談 福島みずほ(参議院議員)、ささき克己(社民党神奈川県連合副代表)
 ■入場無料
 ■問い合わせ 
 社民党神奈川県連合 電話045-681-2561
 飯塚さん 電話090-8728-5655
PageTop