福島みずほのどきどき日記

武器を持たない市民に対して、発砲する軍事政権に対して、援助をすべきではない

 宮崎から、神奈川へ。

 神奈川の部落解放同盟の大会へ。
 その後、社民党神奈川県連合で、選挙の総括のための代表者会議。3時間議論をする。

 午前中の会議でも、午後の会議でも、ミャンマーの弾圧と集団自決を巡る教科書検定のことが議論や話題となる。

 ミャンマーで、拘束されたお坊さんたちは、今拷問をされているのではないだろうか。
 連行された人たちは、どうなっているだろうか。
 行方不明の人たちはどうなっているのか。
 日本は、ミャンマーに対するODAをストップするべきである。
 丸腰で、武器を持たない市民に対して、発砲する軍事政権に対して、援助をすべきではない。
PageTop