FC2ブログ
 

福島みずほのどきどき日記

安倍総理辞任に関して

 今日、安倍総理が辞任を表明した。
 民意の結果が出た参議院選挙の直後に辞任するならともかく、月曜日に所信表明演説をして、「戦後レジ-ムからの脱却」「美しい国づくり」を進めると言った直後で、しかも各党の代表質問が始まる直前である。
 今日1時から代表質問が始まる直前の辞意表明であり、放り出したとしかいいようがない。無責任だ。

 総理は、所信表明で、「戦後レジ-ムからの脱却」のために続投すると言った。
 しかし、今日の辞任記者会見では、テロとの闘いのために、総理が辞任をすることで、局面を打開したいということを理由にあげた。
 辞任の理由が全く支離滅裂である。
 政治に空白を作ってはならないと言いながら、最も空白を作っているのは、安倍総理自身である。
 
 アメリカのブッシュ大統領との「国際公約」を実現することが困難なのでやめるということなのか。
 わたしが、怒りを感ずるのは、安倍総理の辞任記者会見で、国民の暮らしや悩み、痛みや苦しみについて、全く言及がなかったことである。
 人々が抱えている問題について、最初から最後まで無関心である。そのことが、今の現状を生んでいるのである。

 自民党政治のまさに末期を感ずる。 
 こんなひどいやり方でやめた総理は、前代未聞である。
 わたしは、参議院選挙のとき、「この選挙は、安倍政治にNOいう選挙だ。」と訴え、参議院選挙を「安倍政治不信任選挙」と名づけた。
 憲法改悪をすすめ、集団的自衛権の行使を日本国憲法下で認めようとし、また、国民の命や暮らしに全く無関心で、切り捨てていっている安倍政権の退陣をずっーと求めてきた。
 心から、政治の流れを変え、アメリカに協力し、戦争に参加をしたり、もっと進めて戦争のできる国にすることを変えたい。そして、こんなにも人々の暮らしを壊していっている政治を変えなくてはならないと思う。

 自民党は、後継の政権を大いそぎで作る。
 しかし、今の自民党政治は、大枠で変わりようがない。

 本当に政治を変えるために、全力をあげていく。
 
 次の文章は、代表質問をするための原稿である。幻の質問原稿となった。
 紹介をしたい。ぜひ読んで下さい。

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop