福島みずほのどきどき日記

税金の使い道

5月11日(日)
 「大きな土建政府・小さな福祉政府」を政策転換し、変えようと大声で言っているのだが、本当に国会にいて、税金の使い道について考えない日はない。

 長崎県佐世保市に行ったときに、在日米軍の住宅を見に行った。
 道路特定財源から、28億円かけて、住宅を作っているからである。
 ところで、住宅は、8棟である。しかも、土地は、国有地で、ただ。つまり、8棟の建物をつくるためだけに、28億円もかけているのである。
 ところで、医療はどうだろう。
 厚生労働省が、何と言おうが、今医者不足である。
 しかも医者は、偏在をしている。
 地域医療をしてくれる医者を増やすべきである。わたしは、地域医療をやりたい、そのために、医学部へ行きたいという若者は、いっぱいいると思う。
 今、自治医大の定員は、110人。政府は、100人110人に増やしたと胸を張る。
 しかし、わたしは、言いたい。
 110人なんて、けちけちせずに、倍の200人にすべきである。
 国会で、質問をしたけれど、この自治医大の管轄は、総務省だが、総務省は、お金を出しておらず、文部科学省が、税金を出している。
 さて、いくらでしょう。
 26億円の補助金として、出している。
 後は、各都道府県が、!億円ずつ出している。
 何と!
 地域医療を担ってくれるお医者さんを育成をするのに、国が出している税金が、26億円で、米軍住宅を8棟建てるのに使っている税金が、28億円。
 こっちのほうが多いのである。
 わたしが、「大きな土建政府・小さな福祉政府」は、おかしい、税金の配分が間違っていると言うのもわかっていただけるだろう。
 秋田県の市立病院で、お医者さんをはじめ医療従事者の人たちの話を聞いたけれど、市立病院は、2億円の赤字で苦しんでいた。
 政策の転換をするべきである。
 医療や地域や人々の生活を壊してどうするのだと思う。
 今ならまだ間に合う。
 医学部の定員をふやせ、自治医大の定員を200人に!ということに協力をしてください。
 家が裕福でなくても、医学部に行き、地域医療を担いたい人は、本当にいっぱいいる。


PageTop