福島みずほのどきどき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

結婚しやすい社会は若者雇用の裏打ちが必要

 若い世代の雇用が破壊され、正社員と非正社員の結婚格差が生じた。
 地域のネットワークが切れて、行政などが「婚活支援」に乗り出さなければならなくなったほど厳しい状況があると指摘。
 個人に「がんばれ」と言っても限度があるので、パートタイム労働者や有期雇用労働者の雇用環境の改善を進める。 そして結婚や子育てしやすい社会環境を作るために、担当大臣として男女共参画を進めたい。
 特に男性が長くとれる育児休業や保育園・学童保育などの充実、更に「ワーク・ライフバランス」に積極的に取り組んでいる企業に対し、公共調達の加点理由にするなどの取り組みを進めたいと申し上げました。

 会場からも夫婦別姓を望む声があがったので、ぜひとも今国会に法案提出できるよう、がんばっていきたいと思います。
日本青年館

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。