福島みずほのどきどき日記

2日間、原子力規制庁設置法案について質疑

 参議院環境委員会での原子力規制庁設置法案の審議に委員外発言の立場で質問しました。

 6月18日(月)
 次のような質問をしました。
 ①原子力規制委員会の人選について
 ②原子力規制庁の職員のノーリターン・ルールの厳格化について
 ③大飯原発を含めたバックフィットの実施について
 細野大臣は、原子力規制委員会の人選については、原子力ムラから選ばないのは大前提と答弁。大飯原発へのバックフィットについては、「大飯原発を運転させ続けるのか止めるのか、もしくは止まっている状態ならもう一度動かすのかという、そこの判断は専門家である規制委員会そのものが判断するということになる」との答弁を引き出しました。

 参議院環境委員会議事録は追記に掲載します。

 6月19日(火)
 ①目的に入った「我が国の安全保障に資する」について。細野大臣からは「核不拡散の観点から、もしくはテロ対策という観点から安全保障というものに深くかかわるので・・・加えられた文言」との答弁。発議者からは「セーフガードというのは核爆弾を作らないということです」との答弁。
 ②大飯原発へのバックフィットについて、枝野大臣より「法律が成立して施行されれば、・・・以降は安全性については一元的に規制委員会が行いますので、今の保安院と安全委員会を前提とした昨年七月の三大臣合意というのはそこで効力を当然失うことになります」との答弁。
 ③脱原発に向けての動きの明確化について。枝野大臣は「大飯の再稼働プロセスについて、これが一つ決定されたからといって、他の原発についてもずるずるというか、なし崩し的に再稼働するつもりは全くありませんし、またそれができるプロセスにもなっておりません。」との答弁。
 ④大飯原発へのバックフィット適用について。福島の質問「原子力規制委員会が厳正な安全基準を作成した際には、大飯原発を含めてバックフィットを実施すると、基準に達していなかったら大飯原発を含めて停止等の措置をとるということでよろしいですね。」に対して、細野大臣「はい、そういうことになります」との答弁。
 ⑤秘密会議は行わない、職員が電気事業者等と面会する際は申告するなどのルールが必要ではないかについて、細野大臣は「ルールの中身はいろいろな議論があり得ると思うんですが、何らかの内部でルールを決めておくべきだろうというふうに思います。」と答弁。
 ⑥原子力規制委員の人選については、細野大臣は「もう原発は安全で問題ないと思っている人は、これはそんなにはいないと思うんですね。いるとすれば、そういう人は就くべきではないと思います。」と答弁。

 6月19日の参議院環境委員会議事録は追記に掲載します。
PageTop