福島みずほのどきどき日記

毎日がビューティフル・ドリマー

10月19日(日)
 毎日、いろんなところに行っている。
 きのうは、愛知と京都。今日は、群馬と埼玉。
 明日は、大学の授業の後、山形へ。
 火曜日は、飼料米で有名で、米豚をかっているところを見学をする予定で大変楽しみにしている。社民党は、「田んぼの底力法案」を作っている。飼料米や米粉米を作ることを応援をする仕組みである。
 まさにそのことを実践をしているのだから、見学が楽しみである。
 
 今週末は、熊本と大分へ行く。

 この間、押井監督の「うる星やつら・ビューティフル・ドリーマー」を見た。
 毎日、毎日、あれれ高校の文化祭の前日を毎日繰り返しているという映画である。
 なぜか毎日が、文化祭の前日で、それが永遠に?続いていて、大変だ、大変だと言いながら、みんな泊まり込みみたいな感じで、必死で動いていて、それが楽しいのである。
 なんかわたしの毎日もこんな感じ。
 毎日、毎日が大変だって、文化祭か、文化祭の前日みたい。
 
 毎日、どこかへ行って、街頭演説をしたり、集会に行ったり、何かの見学をしたり・・・・・・、毎日がハレの日なのだもの。この間までも、参議院本会議の代表質問と予算委員会の質問の準備と質問にいのち?を賭けていた。
 毎日、どきどきしながら、生きている。

 そして、毎日、どこかに行って、フーテンの寅さんか、巡業をする演歌歌手の気分で、地方の山を見上げ、緑を見ていたりする。
 この間見たアルプスの山はきれいだったなあ。
 うちの秘書の池田幸代さんは、アルプスの少女ハイジみたいに天真爛漫だったなあ。

 毎日が、うる星やつら・ビューティフル・ドリーマーで、わくわくというべきか、大変というべきか。
 なんか普通の日がないのである。
 明日も遠出。
 山形に行ってきます。おやすみなさい。 

PageTop