福島みずほのどきどき日記

貧困の解消に向けて全力を尽くします

 反貧困ネットワーク(代表・宇都宮健児弁護士)から「労働者派遣法の抜本的改正」「社会保障費2200億円削減の撤回」「最低賃金と最低生活費(生活保護基準)の引き上げ」「日本国内の貧困層の推計の実施と貧困層の削減目標設定」などの要請を頂きました。社民党は、もちろん趣旨に共感し、国会で共にこの目標達成のために力を尽くします。
 反貧困ネットワークの要請を受ける

 日弁連から労働者派遣法の抜本改正についての要請を頂きました。派遣料金のマージン率の設定や正規・非正規間の均等待遇という抜本的な改正、更に貧困の発生要因の低賃金・不安定雇用・派遣労働の規制が必要だとの要請を受け、特に厚生労働委員会でこのテーマを追求していきます。
日弁連から貧困解消についての要請を受ける
 

PageTop