福島みずほのどきどき日記

産科医療は女性の生涯を通じた健康や生き方の観点で

 矢島床子さんをはじめ、助産現場で働く助産師の皆さんと一緒に、厚生労働省交渉。「医療と助産を区別し、女性の生涯の健康を地域で支え続けることのできるような助産所や院内助産所の位置づけをして欲しい。産前産後、そして後まで女性に関わり続けることが助産師を育てることにもつながる」「妊婦検診券を助産所でも使用できるように、尽力して頂きたい」などの現場の声を厚生労働省の担当の皆さんにお伝えしました。
お産サポートジャパンの皆さんと

PageTop