福島みずほのどきどき日記

宮崎に帰る

2月7日(土)
 金曜日から、宮崎に帰る。
 実家に泊まる。
 母親が少し元気になって良かった。

 宮崎3区から立候補予定の松村ひでとしさんの応援。

 えびの市と古葉油脂しと都城で、街頭演説を一緒にする。
 故郷は、あたたかい。多くの人が集まってくれて、嬉しい。同級生も駆けつけてくれる。

えびの市で、養豚をしている人のお宅を訪問し、畜産をする苦労について話を聞く。
 また、乳牛を飼っている方のところを訪問し、これまた、今の苦労や問題点について話を聞く。

 今まで、大きな養豚場などは、見学に行っていたが、家族経営の畜産の現場は、初めてであった。

 子どもに継がせたくても、なかなか食べていけないことや乳牛を飼っている男性からは、息子さんが、大学に行くのに、仕送りするのが大変だったという話を聞いた。
 同じような話は、たとえば、山形県の酒田市でも聞いた。
 現金収入が高くなくて、そのことで、苦労をするということである。
 家族が食べる米や野菜は、自給できても、みなさん、子どもの学費が大変だという話を聞く。

 農業をつぶしてきた今までの農政の転換が必要である。

 えびの市の素晴らしい景色が見える高台で、つけものがおいしい。


 

PageTop