福島みずほのどきどき日記

街場の教育論

3月17日(火)
 「街場の教育論」(内田樹著、ミシマ社刊)
 教育や子どもについて書かれた本は、何となくそうかなあとか、子どもをどっか下に見ていて何か違うなあとか、教育について、美化するか、学問的になりすぎているかもなんて思って読んだりしていた。
 何だろう。教育臭というべきか。

 この本は、眼からうろこというかそうかという部分があり、人間関係で納得できるところが、いっぱいあって、そうだ!と思った。採用試験で、誰を採用するかなんていうところも。
 そうなのかなんて。

 大学で教えるときに、わたし自身にも大変ためになることがいっぱいだった。

 また、政治の世界で、教育の話をするときに、陥りがちな欠点も指摘をしてもらったと思う。
 教育は、結果が出るまで非常に時間がかかるので、教育は、すぐ政治の責任を問われないので、政治家は、教育に逃げ込むなんて言われると、それはそれで、自壊すべきことと思う。
 久しぶりに面白い本。

 
  

PageTop