福島みずほのどきどき日記

演劇「ムサシ」


「ムサシ」
脚本:井上ひさし、演出:蜷川幸雄、主演:小栗旬、藤原竜也、白石加代子

佐々木小次郎と宮本武蔵は、決闘をし、遅れて行って小次郎をイライラさせ、太陽を
背にして向かい、小次郎の眼をくらませるなどの作戦勝ちで宮本武蔵は小次郎に勝っ
た。そう習ったし、そう語られてきた。

しかし、実は、小次郎は、生きていて、回復し、武蔵を捜し、再び決闘を挑むという
全く奇想天外な所から物語がスタート。

鎌倉の禅寺のなかでの禅の修行の中で起きるできごと。

あだうちをしなければならない状況が誕生し、武蔵(藤原竜也)と小次郎(小栗旬)
は剣の持ち方などを指導したりする。

何とか武蔵と小次郎の二人の決闘を止めさせたいと考える人々が二人の考えを変える
べく奮闘をするが、結果は如何に。

このことに徳川秀忠、家光のどうやって徳川幕府を続けさせ、謀反が起きないように
するか腐心をしている。

重層的なダイナミックな話の展開。

二人を巡るドラマが展開をしていく。

劇場は、特に若い女性たちであふれかえっている。今まで見た演劇のなかで最も若い
女性たちの比率が高く熱気があふれている。小栗旬さんと藤原竜也さんのファンの人
たちか。二人ともうまい。ユーモラスな場面などで笑い声が起きる。楽しい芝居でも
ある。そして、白石加代子さんが何といってもすごい、うまい。表情でいろんなこと
を語っている。快優の一人と言うべきか。

この演劇を見ながら、私は、是枝監督の映画「花よりもなほ」を思い出していた。
あだ討ちをしなければならない武士があだ討ちをいかにしないようにするか、という
話である。

侍は刀を持っているが、それをいかに使わないか。

自分の命、他人の命をどう大事にするか。

なぜ決闘をしようとするのか。

私は憲法9条のことをずーっと考えていた。

こんな奇想天外な、しかもユーモアのある劇を創れる井上ひさし戯曲は、頭と心をと
てつもなくやわらかく、豊かに自由にしてくれる。

PageTop