福島みずほのどきどき日記

湯浅さんとの対談本・反貧困と派遣切り

反貧困と派遣切り

新刊のご紹介
「反貧困と派遣切り ~派遣村がめざすもの~」

湯浅誠(派遣村村長・反貧困ネットワーク事務局長)
福島みずほ(参議院議員・社民党党首) 

出版社:七つ森書館
定価:1,400円+税

今年のお正月に日比谷公園で行われた派遣村、派遣切りにあった
皆さんを支援しようという輪が大きく広がったことはご存じ
と思います。その村長をつとめた湯浅さんとの対談、そして
「反貧困から社会連帯へ」(福島みずほ)、「中収入・中支出型の社会」(湯浅誠)
という原稿も掲載されています。
佐高信さんの推薦文「派遣切りという人間切りを許さない社会への道すじを示す」
という言葉にあるように、派遣切りが労働者を人としてではなく、
モノ扱いする派遣法の問題点も含めて、今何が起きていて、どうしなければいけない
かを提起しています。
是非、お読みください。

PageTop