福島みずほのどきどき日記

社民党と国民新党による派遣法の改正法案

社民党と国民新党による派遣法の改正法案がついに完成。
この法案をもとに6月2日に民主党の菅直人さん、
細川律夫さんと打ち合わせをする予定です。



労働者派遣法の抜本改正
ー「派遣業法」から「派遣労働者保護法」へー


労働者派遣法改正案(社民党・国民新党案)のポイント 

1. 法律の題名と目的規定に「派遣労働者の保護」を明記

2. 登録型派遣(有期労働者)の原則禁止(厳しく限定された専門業種を除く)
(3年程度の施行猶予)

3. 非専門業務については派遣期間を1年に制限

4. 派遣労働者に係る「均等待遇の原則」を法律に明記(配慮事項)

5. 派遣契約の中途解除を理由とした解雇(いわゆる派遣切り)を禁止

6. 派遣元にマージン率等の情報公開を義務づけ

7. 派遣先の責任強化

・派遣先に派遣契約の遵守を義務づけ

・以下のケースについて、派遣先による直接雇用(みなし雇用)を法定
   (1)特定の派遣労働者(非専門業務)について1年を超えて使用したとき
   (2)派遣子会社へ転籍出向させた元社員を派遣として受け入れたとき
   (3)派遣労働者を特定する行為をしたとき

・未払賃金、労働災害について派遣先の連帯責任を法定

・派遣労働者にも派遣先の36協定を適用

・派遣先に派遣労働者の労働組合との団体交渉応諾義務を課す

・派遣先による安全衛生教育の実施と定期健康診断の代行を法定

・年休、育休の取得を理由とする不利益取扱いの禁止

・以下の違法派遣について、直接雇用の申込みを勧告する
(1)禁止業務派遣、(2)無許可無届派遣、(3)偽装請負、(4)多重派遣等

・派遣会社に対する罰則の強化と派遣先に対する罰則の新設

PageTop