福島みずほのどきどき日記

連立協議の最重点課題は沖縄の基地負担軽減

 昨年7月に決議された沖縄県議会の「辺野古への新基地建設反対決議」を受けて、これまでも社民党も新基地を名護市・辺野古沖に建設させないよう求めてきましたが、今回の民主・国民新党との連立協議の中でも、最重要課題と位置づけて取り組んできました。
基地問題について沖縄県議団の要請を受ける


 連立協議に向けて、党内の意見調整をしました。
 社民党は、命を守る政治の実現のために、沖縄の基地強化につながりかねない在日米軍再編などについては、政権協議の議題に取り上げるよう強力に他党に働きかけてきました。
 連立協議に向けて党内議論

PageTop