福島みずほのどきどき日記

院内集会に参加しました

0420派遣法院内集会

20日、「どこまで使える 派遣法改正案」院内集会に参加しました。
会場があふれるほどの人が集まりました。

社民党は次の5項目にしぼって交渉をしてきました。

1)常用型派遣における「常時雇用される労働者」(法第2条5号)の定義について、
「雇用期間の定めのない労働者」とする。

2)違法派遣の場合のみなし雇用規定について、3党法案の内容とする。
① 派遣先の違法派遣の認識要件を削除すること。
② みなし労働契約の期間は期間の定めのないものとすることなど。

3)派遣先責任強化規定について
① 派遣先の団体交渉応諾義務
② 育休等の取得による不利益取扱い禁止
③ 性別による差別禁止

4)期間の定めのない派遣労働者に事前面接等の特定目的行為を解禁しないこと。

5)施行時期を改正法成立から原則6ヶ月最長3年以内にすること。


この5項目の交渉を踏まえ、基本政策閣僚委員会で何とか「事前面接の禁止」を勝ち取ることができました。
しかし、まだ宿題は多い、と認識しています。とにかく、これからもしぶとく粘り強くやってゆきたいと
思います。一緒にがんばりましょう。



長島院内集会

1時すぎからは「山口県長島周辺の豊かな海・自然を守ろう!」院内集会に参加しました。
この内閣の中でどう、脱原発という原発に対する私たちの想いを反映させていくか、危惧
しています。

この問題もしぶとく、脱原発の方向でがんばります。



0421院内集会

21日は「化学物質政策を考える連続学習会」
~ネオニコチノイド系農薬の登録・販売中止を求めて~
の院内集会に参加しました。

諸外国に比べ、規制の緩いネオニコチノイド系農薬。
日本もせめて諸外国なみの規制を、と求める集会です。
集会では多数の具体的事例が紹介されました。

物忘れ、不整脈、手のふるえなど
健康被害も報告されており、真剣な対策が必要です。

また、ミツバチの大量失踪や大量死滅についても
原因を調べるとネオニコチノイド系農薬が検出された
とのこと。

農薬の表示について取り組んでいきたいと思います。

食の安全・安心、健康が守られるよう、
私もがんばります。

PageTop