福島みずほのどきどき日記

セクシュアルマイノリティ週間。ホットラインに参加しました。

セクシュアルマイノリティホットライン

16日から性同一性障がいや同性愛など、セクシュアルマイノリティの理解を進めようと
「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」<5月16日~23日>
http://www.lgbt-week.jp)が企画されています。

内閣府としても「内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室」
が後援をしてバックアップしています。

17日は、私も参加して、ホットラインの開設式と相談電話に対応をしました。
「性同一性障がいのようだが、相談できる相手がおらず、孤立している」
とう10代の子どもたちや
「同性が好き、ということを70年間、誰にも言えなかった」
と涙する方など、深刻な相談ばかりです。

いろんな人がいて「みんなちがって、みんないい」
金子みすずの話です。
そんないろんな人がいてみんながハッピーで
いられる社会をつくりたいと心から願います。

5台のホットラインは終了まで鳴りっぱなしだったそうで、
こうした取り組みを引き続き応援したいと思います。

ホットラインは、本日19日まで(18:00~22:00)
ぜひお気軽にご相談ください、と実行委員会の方々は話していました。

21日の金曜日には
セクシュアルマイノリティの支援のあり方を考えるシンポジウムに参加します。
ぜひ、来てください。

▼セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間
「記念シンポジウム」
5月21日(金)18:30OPEN 19:00START

▼入場無料
▼明治学院大学(白金校舎)3号館 3201教室
地下鉄:南北線・三田線「白金台」より徒歩7分

http://www.lgbt-week.jp











PageTop