福島みずほのどきどき日記

インリンさん・田中優さんと一緒に「平和・愛・平等」でトーク

 6月9日(水)
 各勝手連の皆さんが企画してくださった集会に参加。
 タレントのインリン・オブ・ジョイトイさんと、未来バンク理事長の田中優さんと
一緒にトーク。
 インリンさんは「中学生の時沖縄に行き、柵の向こう側のことを知った。
モデルとして、反戦や平和のメッセージも伝えたいと思ってきた。
 5月にフラッシュ誌上で沖縄のママたちと一緒に写真を撮ったが、みんな『基地は
いらない』と言っているし、犯罪が起きても日本国民は弱い立場で悔しがっている。
お腹の赤ちゃんのためにも。福島さんには平和を守って欲しい」と発言。
6・9集会でインリンさんの発言

 田中優さんは、「環境問題に取り組んでいる人が、非戦・平和に向かわないとしたら
誤っている。戦争による二酸化炭素排出は膨大。
 二酸化炭素を排出しないと言われている原子力発電は実は発電コストが高価であり、
放射性廃棄物の後始末も容易ではない。
 嘘とペテンの大本営発表の時代をやめようと言いたいし、市民が社会をつくる時代」と発言しました。
6・9集会で田中優さん発言

 福島みずほは鳩山内閣誕生から罷免までのいきさつを語り、「自分の本心で生きる
と壁にぶつかるが本心を偽ると生きている気がしない。多くの人と手をつなぎ、
参議院選挙で何としても勝ちたい」と発言しました。
6・9集会で福島みずほ発言

PageTop