福島みずほのどきどき日記

8月14日東京プライドパレードを歩きました。

プライドパレード


8月14日、同性愛や性同一性障がいなどの人たちのお祭り
「東京プライドパレード」を歩きました。3000人が集まったそうです。
3年前にも歩きましたが夏の青空のもと、気持ちのいいパレードでした。

私は、性的マイノリティの問題を当事者のみなさんと勉強会を
重ねたり行政への交渉をしたりと取り組んできました。

こうした取り組みのなか、社民党は前回の参議院選挙のマニフェスト
で以下のような公約をかかげました。

○ゲイ・レズビアンなどの性的マイノリティへの偏見の解消に取り組みます。
性的指向や性自認を理由とした職業・雇用に関する差別、公営住宅や高齢者施設
の入所などについての差別的取扱いを禁止します。

○性的マイノリティの子どもたちが安心して就学できるよう、教育現場での啓発や
当事者サポートをNPOなどと連携しながらすすめます。性的指向や性自認を理由とした
いじめについて実態を調査し、必要な対策を講じます。

○性別にかかわらず多様な形態の家族に対して民法上の権利を保障する仏PACS法
(連帯の市民協約)にならった新しい制度の創設をめざします。

○「性同一性障がい者特例法」(04年施行、08年改正)をさらに改正して適用の
範囲を広げると同時に、性同一性障がいや性別適合手術への保険適用を行います。

また、私は大臣のとき、「子ども・若者ビジョン」などにセクシュアルマイノリティ
に関する記述を加えました。

*P14*******************************
性同一性障害者や性的指向を理由として困難な状況に置かれている者等
特に配慮が必要な子ども・若者に対する偏見・差別をなくし、理解を深めるため
の啓発活動を実施します。
***********************************

今後はこのビジョンを具体化するためにがんばりたいと
思います。

これからも勉強会など重ねていきたいと思います。




PageTop