福島みずほのどきどき日記

有価証券報告書で企業の社会的責任を判断できるように

自見・内閣府特命担当大臣(金融庁担当)に申入れ
 10月6日(水)
 自見庄三郎内閣府特命担当大臣(金融)に申し入れに行ってきました。
 有価証券報告書は、企業が投資家に対して、企業情報を開示するツールです。
 1953年から1999年まで、この中に男女別従業員数や平均賃金などが入って
おり、公開されてきましたが、男女雇用機会均等法の改正もあり、1999年以降、
この記述がなくなっています。
 現在も、雇用の場での男女平等がまだまだ進んでいない中、現状について、
もっと情報公開をすべきです。
 そのことによって、企業はもっと真剣に、社会的な責任を果たしていく必要がある
のではないでしょうか。
 たとえば、男女平等や障害者の雇用、環境(CO2の排出量)など、企業が社会的責任
に対して、どう取り組んでいるかということが、有価証券報告書から明らかになれば、
成熟した投資家は、そういったことも含めて、企業の将来性を判断することができる
のです。
 企業の社会的な責任という観点に立った投資のあり方も、すでにビジネスの世界で
取り組まれています。

 自見大臣からは、「女性や高齢者の社会参加は大切だ。まず、情報を開示することが
大切なんだな。きちんとお話を聞いて、前向きに対応するように」と指示がでて、前向
きな対応をしてもらえました。

 有価証券報告書には、社会を変える力をもつのです!

PageTop