福島みずほのどきどき日記

「大逆事件百年後の意味」院内集会のご案内

 ぜひ、お越し頂きたく、ご案内します。
 
「大逆事件百年後の意味」院内集会

 百年前、天皇暗殺を企てたということで、幸徳秋水ら12人が死刑、12人が無期
懲役になりました。「大逆事件」です。
 自白強要などがあり、証人申請は全く認められず、1910年12月10日に裁判が始
まり、1911年1月18日に判決が出るという大審院一審だけのスピード裁判です。
 そして、判決からわずか6日後の1911年1月24日の日に、幸徳秋水たち11人が処刑
され、菅野スガだけは1月25日に処刑されました。

 この大逆事件は、冤罪という点、自由、表現の自由、民主主義への弾圧という観
点など、多くの観点から考えなければならない重要な事件です。

 処刑されてから、ちょうど百年目の今年1月24日、皆さんと院内集会を開催し、
大逆事件を考え、問題点を共有し、大逆事件百年後の意味を共に考えたいと思います。
 ぜひ、ご参加ください。

               記
日 時 : 1月24日(月)12:00~13:30
場 所 : 参議院議員会館B107会議室
講 演 : 鎌田 慧(ルポルタージュ作家)
大岩川 嫩(「大逆事件の真実をあきらかにする会」世話人)
リレートーク+メッセージ :
早野 透(桜美林大学教授・元朝日新聞記者)ほか

■問い合わせ:福島みずほ事務所(TEL:03-6550-1111)
       今野 東 事務所(TEL:03-6550-0811)

PageTop