福島みずほのどきどき日記

上智大学男女共同参画セミナーで講演

 2月16日(水)
 上智大学で「理想と現実 ワーク・ライフ・バランス」の講演をしました。
 子どもの学力の推移には大騒ぎをするが、女性の地位の低さについては
あまり知られていないことを導入部分で申し上げると、確かにとうなずいている方多し。

 少子化・男女共同参画担当大臣の時、「ワークライフバランス」「少子化」「子育て支援」
「男女共同参画」がつながっていることを浮き彫りにし、どうにか政策でつなごうとしてきた。
 30代の子育て世代の女性たちの就労が他の世代に比べて低い「M字カーブ」をなくすため、
企業の社会的責任を果たしてもらい、職場の働き方を変えるためにどうしたらいいかについて
考えて、男女共同参画局の公共調達の加点理由に男女共同参画やワークライフバランス
を取り入れること、有価証券報告書に男女の賃金格差などを掲載するよう求めたこと、
そして何より意志決定の場に女性がもっと必要だということを指摘しました。 
 上智大学で講演


 

PageTop