福島みずほのどきどき日記

学校の放射線量年20ミリシーベルト基準策定のプロセス

 内閣府原子力安全委員会事務局より、資料を頂きました。
 正式な召集ではないので、議事録はないがメモとのことです。

 「技術的助言の経緯について」

 4月9日~
 ○文部科学省より、原子力安全委員会に対して、福島県内の学校などの
校舎・校庭の利用判断の考え方について、相談したい旨の依頼があった。
 ○文部科学省の担当者が数回程度来訪し相談を行った。
 ○この相談を踏まえ、原子力安全委員会関係者(安全委員、緊急技術調査
委員など)が数回程度議論を行い、その結果を文部科学省へ累次口頭で伝達した。

 主な議論の内容:安全委員会からの意見
 ●非常事態収束後の参考レベル1~20ミリシーベルト/年の20ミリシーベルト/年を
とることは、あくまで出発点とすべきで、ALARA(合理的に達成可能な限り低く)の
観点から被ばくの低減化につとめることが必要。
 ●種々のモニタリングを確実に実施し、そのモニタリング結果については、原子力安全
委員会に適宜提出してもらいたい。
 ●モニタリング結果に基づき、減衰の効果(ヨウ素の物理的半減やウェザリング)や
子どもの行動を考慮し、実際に被ばくすると考えられる被ばく線量を推定することが
必要。その結果を基に、適宜、校舎・校庭の利用法を見直す必要がある。
 ●内部被ばくを考慮することが必要。
 ●ヨウ素の物理的減衰、環境因子による減衰(ウェザリング)により、実際の年間積算
線量は、現在の線量率がそのまま継続すると仮定した場合にくらべ、相当程度(概ね2分の1
程度)減衰することも考えられる。

 4月19日
 14時頃  原子力災害対策本部より原子力安全委員会に対し助言要請
 16時まで 原子力安全委員会で、助言案について検討し、決定
 16時ごろ 原子力安全委員会より原子力災害対策本部に対し助言回答

PageTop