福島みずほのどきどき日記

脱原発関連ネット情報調査について

 1月13日(金)
 資源エネルギー庁が「不正確報道調査」を20~22年度にかけて行いました。これも問題だらけの税金の使い方だと思いますが、今度は「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」が今年度行われています。
 これは、一般市民が原発についてメールやホームページに載せている「ネット情報」を監視するもので、これを約7千万円の予算をつけて広告代理店に委託しているものです。
 この調査が現在どのような状況かを問い合わせました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<問い合わせ先>
 資源エネルギー庁・電力ガス事業部 原子力立地・核燃料サイクル産業課

<回答内容>
 作業状況について

 風評被害防止の観点から、ツイッターをはじめとしたインターネット上の情報を収集・分析し、その情報を基に放射線等の専門家の意見を聴き、質疑応答集を作成しているところです。
 質疑応答集につきましては完成し次第、今後、ホームページに載せる予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上の回答があり、現在は、委託事業者が作業をしており、3月末に質疑応答集の形式で提出されるまでは、議員事務所に提出できる情報を保有していないとのことでした。

 本日、確認したことを皆さまにお知らせいたします。

PageTop