福島みずほのどきどき日記

学校給食の放射性物質の検査について

 2月2日(木) 

 学校の給食を安心して食べられるよう、これまで何度も文部科学省と交渉をしてきました。
第3次補正予算で、1億1700万円が放射線検査機器の整備費用として認められ、学校などで提供される給食食材を事前に検査するしていくものです。

「安全・安心のための学校給食環境整備事業」(PDFファイルが別ウィンドウで開きます)
http://www.mizuhoto.org/blog/data/120202.pdf

 このたび、この具体的な進捗状況を文科省担当部局に聞きましたので次の通り報告します。

 <問い合わせ先>
 文部科学省スポーツ・青少年局 学校健康教育課 企画・健康教育係

 <回答内容について>

 添付資料を参照ください。17都県にそれぞれ検査機器を整備する計画ですが、まだ発注途中にあるそうです。そして、今後設置されていくことになり、従って給食の検査もこれからだそうです。
 また、検査機器が整備された後の検査体制についてですが、全ての小中学校の全給食食材を検査していくことになるのか、との問いについては、各自治体の方針によるので、どこまで対応していくかは、現在は把握していないそうです。
 これからも、具体的な対応方法などについて引き続き確認をしていく予定です。

PageTop