福島みずほのどきどき日記

全国農業協同組合中央会の萬歳章会長にTPP交渉参加阻止に向けての協力を要請

 3月14日(木)
 全国農業協同組合中央会(萬歳章会長)に女性議員有志で、TPP交渉参加阻止に向けて協力をして頂きたいと直接申し入れに行きました。
全国農業協同組合中央会の萬歳会長に申し入れ

 申し入れ文書は次の通りです。

 全国農業協同組合中央会
  会長 萬歳 章 殿 

      TPP交渉参加阻止に向けての協力要請

 国益を守れるTPPなど存在しません。
 そもそも、「最終的な結果は交渉の中で決まっていくもの」であり、あくまで前提は「聖域なき関税撤廃」です。交渉の内容がわからず、また、すでに合意されている内容について新規参加国は、丸呑みしなければならないとされている中、「公約」を守れる保証など全くありません。

 TPPによって日本の伝統的な農業は破壊されてしまいます。
 さらには、国家主権そのものが脅かされる、だから問題なのです。

 TPPは日本の現在の、そして、未来におけるあらゆる法律、規制、国内手続きが、他国によって作られたルールに従うように求められます。そうなれば、国のかたちが変わり、日本らしさが失われます。保守を標榜する安倍総理がこれを許す事は自己矛盾です。

 さらに、昨日まで行われたシンガポールでのTPP交渉で得られた情報では、日本が参加できるのは9月の交渉からで、それまでに大方の交渉は終了し、日本は「完了した」協定にサインをするだけというシナリオしかない事がわかりました。
 
 我々は、皆さんと共に2年半に渡って反対運動を続けて来た同志です。最後まで諦める事なく共に戦い、この国の農を守り、国民の暮らしの安心と安全、子ども達の未来に責任ある行動をする為にも、TPP交渉参加断固阻止に向けて協力していく事を要請致します。
            
              平成25年 3月14日
              女性国会議員 有志一同 

PageTop