福島みずほのどきどき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12月2日(月) プログラム法案について質問

臨時国会の参議院厚生労働委員会で、「持続可能な社会保障制度の
確立を図るための改革の推進に関する法律案」(プログラム法)を
審議しました。消費税の増税分を今後増大していく社会保障関連
予算に充てていく際の方針を決めるものです。

この委員会で、私が「消費税三%引上げ時、消費税五%引上げ時、
それぞれ消費税増収分と社会保障の充実分について答弁してくだ
さい」と質問しました。その際の政府答弁をご紹介します。

◆3%引き上げ時
<2014年度> 消費税増収分     5兆円
       社会保障の充実   0.5兆円
<2015年度> 消費税増収分     8兆円
       社会保障の充実  1.35兆円

◆5%引き上げ時
<2015年度> 消費税増収分  9兆円台半ば程度
       社会保障の充実   1.8兆円
<2016年度> 消費税増収分    13兆円
       社会保障の充実   2.7兆円
<2017年度> 消費税増収分    14兆円
       社会保障の充実   2.8兆円

*「消費税増収分」は、消費税収1%当たり2.7兆円と家庭。
 仮に1%当たり消費税収が経済成長などに応じて2.7兆円
 よりも増加すれば、増収分は増加する。

社会保障の充実というけれども、消費税増額分が全て使われるので
なく、2017年度では14兆円の消費税増収文のうち、社会保障の充実
に使われるのは2.8兆円でしかないのは、本当に問題だと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。