福島みずほのどきどき日記

宇都宮けんじアンパンマンを私が応援する理由

 脱原発、貧困の解消、格差是正、雇用問題などに取り組み、東京を住みよいまちにする宇都宮けんじさんを応援しています。

 宇都宮さんは、弁護士として、貸金業法の改正に取り組み、超党派を説得をして実現をさせました。実績を作ってきた人です。また、東京で地下鉄サリン事件があったときに被害者救済のための弁護団長を引き受け、オウム真理教と闘いました。年越し派遣村の名誉村長として、陣頭指揮をとり、困難を抱える人たちに寄り添ってきました。
 さらに、東日本大震災、原発事故が起きたときには日本弁護士連合会会長として、指揮をとり、東北や福島の被災地に何度も足を運び、法制度の成立、確立に全力を尽くし、成果を上げてきました。 ADRの制度の確立、子ども被災者支援法の成
立、被害者救済、被曝の問題の取り組み、原発再稼働反対など実際に取り組み、成果をあけてきたんですね。
 宇都宮さんは、日本弁護士連合会会長として多くの人のために的確に、迅速に、取り組み成果を上げてきました。
 心から尊敬し、感謝をしています。

 今の政治に必要な事は、人の話をよく聞き、調整し、成果を出すことでは無いでしょうか。
 聞く力、対話力、調整する能力、実現する力です。

 オウムの被害者の家族の会のお父さんが、宇都宮けんじさんと一緒に街頭演説をしてくれました。

 彼は、こう言いました。 「 30秒で話をします。宇都宮さんは、他の人のために何ができるかを考え、実現する人です。以上」そう街頭で話をしてくれました。

 他の人のために何ができるかを考え、実現する人。その通りです。
 
 宇都宮けんじアンパンマン説がインターネット上で流れています。
 その通りです。
 アンパンマンが大好きです。
 宇都宮さんは、あんパンが大好きな人ですが、それはともあれアンパンマンのような人だと思います。
 
 アンパンマンのような人です。アンパンマンは、困っている人がいたら、自分の顔をちぎって差し出します。
 もらった人は幸せになるんですね。
 でもジャムおじさんがまた顔を作ってくれるので、アンパンマンは大丈夫です。
 アンパンマンは、いつもニコニコしていて優しいです。
 しかし、闘う時は闘うんです。
 アンパンチを繰り出すと相手はよろけてしまいます。

 人の心に寄り添い、人のために何ができるかを考え、闘う時は闘って、実行していく人。
 まさに宇都宮けんじはアンパンマンです。

 今、若者を始め働く人が、働いても働いても楽にならず、社会保障が切り捨てられ、また、ママたち、パパたちは保育園が足りなくて本当に苦労をしています。
 
 東京は、予算規模も12兆円ありますから、工夫をし、知恵を使えば、様々なことが可能です。

 ブラック企業規制条例を作り、過労死防止条例を作り、公契約条例を作り、雇用の問題に取り組むことで雇用を変えることができます。
 また、待機児童解消のために保育園を作り、学童クラブを充実させる必要があります。

 都営住宅を作ることや、高齢者のための支援ももっと必要です。

 宇都宮さんは、庶民の味方、若者の味方、女性の味方、高齢者の味方、働く者の味方、生活者の味方です。
 
 東京が変わります。

 東京を、世界一住みやすい都市にする、その宇都宮さんの公約、意気込みをしっかり応援をしていきます。

 お任せ民主主義では何も解決をしません。

 何よりもそのことを原発事故が示したと思っています。多くの人が、政治に意見を述べ、政治に参加をし、政治をチェックし、一緒に協働していくことが今こそ必要です。

 政治は、私たちの遠いところで営まれているものではありません。

 お任せ民主主義ではなく、一緒に、政治を変えていきましょう。

 保育園増やしたいと思っている多くのママ達、原発再稼働反対と思っている人たち、高齢者で、生活不安を抱え生きている人たち、雇用を何とかしてくれと思っている若い人たちや働く人たち、介護や社会保障をとかしてくれと思っている生活者の皆さん、東京をもっとバリアフリーにしてくれと思っている障がいを持っている皆さん、中小企業の皆さん、東京を変えていきましょう。

 今度の選挙は、 ストップ・ザ安倍内閣です。
 
 安倍内閣の進める「特区」という名のもとに雇用や社会保障を破壊すること、原発推進、社会保障の切り捨てと雇用の破壊、憲法改悪と秘密保護法の強行採決このような民意を無視して強行する安倍内閣にストップをかけていきましょう!

PageTop