福島みずほのどきどき日記

「性暴力救援センター」に予算

4月16日 内閣府から「性暴力救援センター」に予算計上を聞く

今年度、内閣府が「性暴力救援センター」に、予算3880万円を計上しまし
た。初めて予算が付きました。

ここから、実施委託業者への委託料を差し引いた約3000万円を下記の
9自治体に配分していく予定であることが内閣府のに聞いたところ、わかり
ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「性犯罪被害者等のための総合支援に関する実証的調査研究」
(モデル事業)平成26年度 実施対象地方公共団体名

 北海道(ワンストップ型)          
 群馬県(これから立ち上げ)
 豊島区(東京都、スマートフォンアプリ導入)
 滋賀県(病院拠点型)
 大阪府(ワンストップ、病院拠点型)     
 兵庫県(ワンストップ、病院拠点型)
 和歌山県(ワンストップ、病院拠点型)    
 島根県(これから立ち上げ)
 福岡県(ワンストップ型)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、大阪のSACHICO(性暴力救援センター大阪)、東京のSARC
(性暴力救援センター東京)などの取り組みを視察してきました。
性暴力被害者を救援していくとても大事な活動をしているところです。病院
拠点型は、医師、看護師、ボランティアをはじめ多くの方が、献身的な活動
をされています。

被害にあった初期の段階で相談やケアがあることで、被害を軽減する効果が
あると思います。早い段階で、手が差し伸ばされることで、それ以上被害を
重くしないこともできると言われています。
その意味で、病院拠点型で、女性たちの支援やアドバイスが有効だと思います。

こうした活動は、その病院や関係者の持ち出しだったり、寄付で運営されて
います。どこも苦しい財政状況で必死で頑張っています。それを後押しして
いくためにも、国からの予算をもっと拡大し、全国47都道府県すべてに性
暴力支援センターが設立できるるよう、応援していきたいと思います。

PageTop