福島みずほのどきどき日記

大飯原発差止判決の院内集会

5月23日(金)

今週、大飯原発の差止判決が福井地裁で行われましたが、
その緊急院内集会が議員会館で開催されました。
原告団の皆さん、弁護団の皆さんの笑顔と自信にあふれた笑顔
を見ることができ、私はとても勇気づけられました。

その報告会に原子力規制庁の担当官の出席を求めましたが、
判決内容と規制基準審査内容には回答できない、ということでし
たので、次の3点について「一般論」として新規制基準のあり方
を議論しました。

(1)過去に発生した地震規模に関連して、ストレステストの基準
 とされた1260ガルを超える地震を想定しているか。
(2)基準地震動の設定に関連して、これまでの想定した基準地
 震動を超える地震が実際に起きていることについて、その設定
 方法の見直しをするべきではないのか。
(3)基準地震動を越えた場合の重要な設備の安全性の確保、
 さらには基準地震動以下の
 地震によって生じる給水や電源供給などの確保について、どの
 ような方策を想定しているのか。

関西電力ならびに政府には、地裁判決を受け入れろと声を大に
して言いたい。そして、この地裁判決は全国の原発にも当てはま
る内容だとも言いたい、というのが集会参加者の声でした。
DSCN2770.jpg


PageTop