福島みずほのどきどき日記

映画「マレフィセント」を観ました

       映画「マレフィセント」を観た感想です
【ネタばれをしているので 、映画を見たあとに読んで下さい】

力強い翼を持ち、力強く天を駆け巡るマレフィセント。この映画を見て、強さや優しさや愛情をふんだんにもらった。
そして、正直驚愕をした。ディズニーが、ついにこんな映画を作ったのだ。真の愛情とはとは何かということを提起している。「アナと雪の女王」のようだ。
「眠りの森の美女」は、このような話だったのだという大胆な提起は心を揺るがす。
なぜ、マレフィセントは、オーロラ姫に呪いをかけたのか。単に招待状が来なかったので怒ったのか?

人間の国の隣にあるムーア国は、妖精がたくさん住んでいる不思議な面白い国である。そこで育つ妖精のマレフィセント。
ムーア国に迷い込んだ人間の少年ステファンに出会う。
心通わせる幼い2人。ステファンは、マレフィセントが16歳の誕生日に贈り物する。真実の愛のキスを。
マレフィセントは、ムーア国を守る守護神として、力強く、たくましく成長する。
強欲な人間の国の王は、豊かなムーア国を攻め、富を奪おうと戦争を仕掛ける。
人間の国対ムーア国。
マレフィセントを始め妖精たちは力を尽くし、応戦をする。空を駆け巡り皆を励まし、戦うマレフィセント。
人間の国は負け、王は、瀕死の重傷を負い、城に帰る。
「翼の妖精を倒したものに王位と娘を託する」と言う王。
ステファンは、ムーア国に行く。マレフィセントに眠り薬を飲ませ、殺そうとするが、さすがにそれはできず、翼を奪う。
目が覚め、翼を奪われたことを知ったマレフィセントの絶望の声が響きわたる。
王位継承をするステファン。
こんな政治家、よく見るよね。

そこであのオーロラ姫の誕生パーティの場面になるのである。
まず、第1に、「アナと雪の女王」でもそうだが、王子様のキスで問題が解決しないのである。白馬の王子様は、無力である。トホホのホ。

また、「マレフィセント」でも「アナと雪の女王」でも描かれているのは、真の愛情とは、ビビビとなる一目惚れとか、初めて見る眠っている美女にキスをするということではなく、長い間に育まれた相手を思う気持ちであるということが伝わってくる。
また、シスターフードということも。
マレフィセントは、はじめオーロラ姫を「不細工な子」と言ったりしているが、気になって、見守ってしまう。そのうち優しい気持ちも芽生えてくる。また、オーロラ姫は、マレフィセントを恐れず、「ゴッドマザー」と呼び、慕う。

「思い出のマーニー」の映画も見たが、これもシスターフードを描いている映画である。
異性愛ではなくシスターフード。
ディズニーがついにここまで来たのかと言うのはそこのところである。
これは、異性愛がダメだということではなく、映画や小説は沢山の異性愛、様々な異性愛を描いてきたが、今まで存在していたのにあまり描かれてこなかったのがシスターフードだということではないだろうか。
あるいは、様々な女たちは、男に対して生きていく、男に認められなければなかなか生きていけないと言う世界から、女性もある意味力を持ち、様々な女性が、様々に助け合う、支え合うということが具体的にかつてよりもよりなされるようになってきたというのではないだろうか。
力がなければ人を支えられない。力というのは優しさももちろん含まれる。女性たちの優しさや、細やかさ、生活上の力が、支えとなってきた。そしてその力の中に、マレフィセントが持っているような闘う力、ひるまない勇気と言うものも入ってきたのではないだろうか。
女性たちが様々な力を持ってきたので、あるいは持っている力を発揮できるようになったので、支え合うと言う形が様々なバリエーションを持つようになった。

映画や小説で父と息子の関係、男の友情もたくさん描かれてきた。そして、最近は、母と娘の関係、女の友情もたくさん描かれてくるようになった。
「アナと雪の女王」も「マレフィセント」もフェミニズムの映画と言うよりもポストフェミニズムの映画である。フェミニズム後。フェミニズムを経過して、ついに、このような映画が作られるようになったのだ。

それにしても、ステファンが、マレフィセントの翼を奪うわけだから、女性の力を奪う、あるいは女性を踏み台に自分の欲望を満たしていくという描かれ方である。私には、このことが、女性の力を奪うドメスティック・バイオレンスのように見えた。

第2に、オーロラ姫の天真爛漫さと、屈託のなさ、何者も恐れず、偏見なく心を開いていく様は素晴らしい。
だからこそ、マレフィセントも心を開いていくとも言える。
うーん、屈託のないアナと超能力者の雪の女王、天真爛漫なオーロラ姫と力強い妖精のマレフィセント。少し似た構図である。
しかし、アナもオーロラ姫も力を持っている。その描かれ方も素晴らしいと思う。
1959年に作られた「眠れる森の美女」では3人の妖精は、オーロラが誕生したときに、美しさと歌声を贈る。それに対して、今回の「マレフィセント」では美しさと幸せを誕生祝いとして贈る。幸せを贈ったということに意味があるのではないだろうか。オーロラは、美しいだけではなくて、人を愛することができるし、人に愛されることができる。外見だけじゃないよという話である。

第3に、正義と悪の描かれ方の変化である。
「指輪物語」も「ゲド戦記」も大好きな本であり、映画である。
悪に立ち向かう勇気を与えてくれる。
しかし、悪は、悪であり、正義になることはなかった。
「スターウォーズ」だってダークサイドに落ちたら終わりである。
また、「ロード・オブ・ザ・リング」の映画のなかで、正義は、美しく、悪は、「異形」として、醜く描かれる。
わたしは、「ロード・オブ・ザ・リング」の映画は、大好きである。ダイナミックであり、ホビットは、かわいい。ユーモラスなところもある。困難に立ち向かっていく力を与えてくれる。
しかし、私の友人が、あまりの闘争場面と悪が異形として、醜く描かれていることに違和感があると言うのを聞いて、そこだけは、はっとした。
エルフは、長身、金髪、碧眼。エルフのエキストラは、スウェーデンで募集したというのを読んだ気がする。
指輪に「マイ プレシャス」と固執するゴラムは、悲しいくらいに醜い。
これに対して、「マレフィセント」では、「悪」であるはずのマレフィセントは、気高く美しい。楽しく魔法を使ったりして、お茶目で、チャーミングなところがある。
「悪」は、なぜ悪になったのか。そして、その「悪」自身も変わっていくのである。
正義と悪が、2元論で、永久に対立しているのではない。
正義も悪もねじれながら、反転をしていくのである。
面白いね。
「白鳥の湖」は、同一人物が、白鳥と黒鳥を踊る。
そのことも面白いが、この「マレフィセント」は、傷つき、復讐と疎外感で一杯になりながら、変わっていく力強い女性の話である。白鳥から黒鳥へ、そして、白鳥へ。ねじれながら、変わっていき、白鳥は白鳥でももとの純真無垢な白鳥なんかではない。鷹か鷲みたいだ。

マレフィセントは、オーロラに力を与え、また、オーロラは、本人の自覚のないまま何かをマレフィセントに与えているのである。
わたしは、娘を育ててきたので、年の離れたシスターフードと言うことを考える。
また、血がつながっていなくても、いろんなところにシスターフードはある。
それは、自分の野心のために、恋人までも売るステファンの対局にある。

清く、正しく、美しくではない。
裏切られ、傷つき、あるときは、復讐の鬼になっても、どこか心優しく、しかも力を振り絞って、闘おうとする話である。
真実の愛などどこにもないとステファン王は、言う。
傷ついたマレフィセントも真実の愛などないと言った。
しかし、あるのである。
意外な形で、当たり前の形で。

こんなおとぎ話なら、信じられる。

目をつぶると、大きく翼を広げて、豪快に空を舞うマレフィセントの姿が眼に浮かぶ。こんなマレフィセントに私もなりたい。


PageTop