福島みずほのどきどき日記

瑞浪超深地層研究所視察に

 9月9日(火)
 独立行政法人 日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門「東濃地科学センター」の「瑞浪超深地層研究所」の視察に行きました。
 2班に分かれ、地下300メートルの坑道を見学しました。
 地下からくみ上げて処理しなければならない地下水が大量に溢れている現場も通過しました。
 瑞浪は湧出水量が多く不適切な場所、何万年単位で長期保管をするのだという決意も態度もなく、後は野となれ山となれという政策を進めている政府に怒りを感じるし、日本に本当に適切な場所を見つけることができるか懸念する。原発の再稼動はあり得ない、と記者会見で発言しました。

瑞浪超深地層研究所視察
瑞浪超深地層研究所の地下の地下水処利現場

PageTop