福島みずほのどきどき日記

もの言えぬ社会をつくるな PART2

 第2回緊急リレートーク集会「もの言えぬ社会をつくるなPART2」を9月26日(金)15時から17時まで参議院議員会館講堂で下記の通り開きます。9月16日の第1回には120名を超えるご参加をいただき、大成功でした。この成果をさらに広げ、人権尊重と平和を希求する市民の声をもっともっと広げていきたいと思っています。
 たくさんの皆さんの参加をお待ちしています!

                  

「もの言えぬ社会をつくるなPART2 -戦争をする国にしないために-」

日 時: 9月26日(金)15時~17時
場 所: 参議院議員会館 講堂
発 言: 木村広さん(出版労連書記長)
     山口正紀さん(ジャーナリスト)
     白井聡さん(文化学園大学助教)
     神田香織さん(講談師)
     雨宮処凛さん(作家・活動家)
     安田浩一さん(ジャーナリスト)     
     前田朗さん(東京造形大学教授)
     中原道子さん(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)共同代表)
     杉浦ひとみさん(弁護士)
     白石孝さん(プライバシーアクション代表)ほか

 自分の意見を公の場で堂々と述べることができる、またそのことによって不利益を受けない-。表現の自由は、民主主義社会を保障する最も大切な基盤のひとつです。
 日本社会において今、その根幹が大きく蝕まれつつあると感じている人が多いのではないでしょうか。
 安倍政権は集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、戦争のできる国づくりを着々と進めています。国家が戦争を遂行するに当たり、一番邪魔になるのが、国民・市民の自由な意見表明と政治参加、そして報道の自由です。
 これら言論に対する封殺は、過去の歴史認識や歴史的事実そのものさえ捻じ曲げてしまいます。
 9月16日に開いた第1回目の「もの言えぬ社会をつくるな」には、120人を超える市民が参加し、報道と言論をめぐる極めて的確な分析と熱い提起が、多くの発言者から寄せられました。
 このリレートークの成果をさらに発展させるべく、第2弾の集会を開催いたします。
 もの言えぬ社会をつくらせず、戦争国家への道をストップさせるために、市民の声をもっともっと大きく広げていきましょう!
 たくさんの皆さんの参加をお待ちしております!

お問い合わせ・連絡先:福島みずほ事務所(03-6550-1111)
               白眞勲事務所(03-6550-1116)
               有田芳生事務所(03-6550-0416)
               神本美恵子事務所(03-6550-1119)
               仁比聡平事務所(03-6550-0815)

PageTop