福島みずほのどきどき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月14日(金) 何のための解散か?!

11月14日(金) 安倍さんの、安倍さんによる、安倍さんのための解散

安倍総理が19日水曜日解散をすると言われています。これはもうほとんど国会の中では解散をするということを前提に動いています。19日水曜日の午後、憲法審査会で参考人質疑が入っていましたが、流れてしまいました。国会の中はもう既に19日水曜日解散で動いています。

今、なぜ解散なのでしょうか。
今、景気が悪くなっています。
消費税が8パーセントになり、物価が上がり、円安にもなり、実質賃金は下がり続け、保険料が上がり、生活保護は引き下げられ、介護が改悪をされ、年金の抑制が始まっています。
武器と原発を海外に売って金儲けをするが、安倍内閣は、内需拡大を考えていません。
円安で、輸出産業に有利と言われていましたが、それは1部の大企業のみで、円安によって輸出の拡大は思ったほど広がっていません。円安によって、輸入品、とりわけ燃料高や、小麦粉の値上がりなど食料品の値上がりが続いています。
非正規雇用の数は史上最高。人々の生活を安定させ、内需を拡大し、景気を良くするということが全く行われていません。
安倍政権は、まさに1パーセントのための人たちの政治ではないでしょうか。

アベノミクスは失敗しました。
今、景気が悪いけれども、これからますます景気は悪くなります。消費税を10パーセントに上げると12月に宣言し、来年秋に消費税を増税してしまえば、その後に選挙をすることができないと安倍内閣は考えたと思います。これから景気はより悪くなるので、今しかない解散です。

また、安倍内閣は7月1日に、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定をし、日米ガイドラインの中間報告を出しました。12月に日米ガイドラインの最終報告を出すことにしていましたが、これは先延ばしになりました。選挙の前に、日米ガイドラインの最終報告は出さないということです。

来年4月の統一自治体選挙の後の5月に、自衛隊法改悪法案、周辺事態法改悪法案、船舶検査法改悪法案、PKO法改悪法案等の違憲立法を10数本提出する予定です。米軍活動支援法といった一般法も出てくるかもしれません。そうなれば、テロ特措法やイラク特措法といった新たな立法を必要とせず、国会の事前承認も事後承認も要件とせず、自衛隊が、海外で集団的自衛権の行使や、後方支援と言う名のもとに米軍と一体となって戦争することが起きるのです。
極めて短期間のうちに10数本の違憲立法を審議し、最後は、強行採決をして閉会にする。まさに秘密保護法と同じやり方をして、違憲立法を成立をさせるのです。

これまでは、来年7月に解散選挙総選挙を行い、安倍総理は信任されたとして、9月の自民党総裁選を無投票で乗り切りたいと思っていると言われていました。来年9月には自民党総裁選があり、そこで争うことなく総裁に選ばれ、3年間の任期を手にするという筋書きだったわけです。
しかし、10数本の戦争立法を強行採決した直後に解散総選挙をする事は、自民党にとっても公明党にとっても痛手となる可能性があります。だから、今の解散ではないでしょうか。

今回の総選挙で安倍内閣が、もし勝てば、安倍総理は信任をされたとしてさらに暴走していくでしょう。安倍総理は、衆議院の予算委員会で、集団的自衛権の行使の解釈改憲について問われる中で、「私が最高権力者です。選挙の審判を受けます」述べました。選挙の審判を受けようが、与党だろうが、選挙に勝とうが、憲法を守らなければならない憲法尊重義務があるのは当然です。最高権力者であるからこそ、憲法に従わなければならないということが、安倍総理はわかっていないのではないでしょうか。安倍総理の上に憲法があるのであり、安倍総理の下に憲法があるのではない、それが立憲主義です。

もし、選挙で安倍内閣が勝利をすれば、安倍総理は、集団的自衛権の行使容認も、原発再稼働も、消費税10パーセントも、TPP参加も、派遣法の改悪も、国民によって容認されたとしていくでしょう。日本が戦争しない国から戦争する国になります。そして、原発再稼働をし、いつ事故があるかわかりません。消費税を10パーセントにし、TPP参加をし派遣法の改悪をすれば、非正規雇用が拡大し、貧困が拡大し、さらに中間層の崩落が起きます。格差がより拡大をします。
だから、勝たせてはならないのです。

安倍内閣は、戦争と貧困を作る内閣です。
選挙はいつもとても重要ですが、今度の総選挙は、とりわけ日本の政治にとって、社会にとって極めて重要な選挙です。戦争と貧困を国民が呼び寄せてはなりません。安倍内閣を勝たせてはなりません。
そんな中で、私は、社民党は、多くの人にさらに働きかけ、勝っていきたいと考えています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。