福島みずほのどきどき日記

8月17日 安倍総理の奇妙なレトリック

8月17日(月) 
エーッ うそでしょう!と思わず言ってしまいそうな、安倍総理の奇妙な、
ごまかしのレトリックを書き出しました。是非、お読みください。
(◆が、私の感想、批評です)

1 「戦争に巻き込まれる事は無い」「専守防衛は変わらない」
 ◆そうだとしたら、戦争法案など必要ない。

2 「 国民の命と暮らしを守る」
 ◆ これって、第二次世界大戦中に、祖国のために、国を守るために、
  妻と子供を守るためにと侵略戦争にかり出されたこととどこが違う
  のだろう。

3 「自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の
 誓いを堅持してまいりました。70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、
 私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫
 いてまいります。」(安倍談話)
 ◆法の支配を重んじるというのであれば、憲法違反の戦争法案など
  出せるわけがない。また、不動の方針をこれからも貫いて参りますと
  言うのであれば、違憲である集団的自衛権の行使をなぜ合憲にできる
  のか。

4 「わが国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、
  平和的・外交的に解決すべきである。」(安倍談話)
 ◆力の行使で解決しないのであれば、集団的自衛権の行使やいわゆる
  後方支援と言う名のもとに戦争を一体として行うことをやるべきではない。

5 「積極的平和主義」
 ◆積極的平和主義を戦争をすることに使うな、集団的自衛権の行使を
  やることに使うな。積極的平和主義は、そのような概念ではない。

6 「一般的に外国の領土、領空、領海で武力行使をすることはありません」
 ◆集団的自衛権の行使をすると言っているのにこの理屈がわからない。
  一般的に出なければ、例外的に、外国の領土領空領海で武力行使をする
  ことがあるのか。

7 「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する
 手段としては、もう二度と用いてはならない。」(安倍談話)
 ◆だとしたら、なぜ戦争法案なのか。集団的自衛権の行使も、後方支援と
  言う名の下で戦争を一体として行うことも武力の行使である。
  全く矛盾している。

8 「不戦の誓いの堅持」
 ◆不戦の誓いを担保する最大のものは、憲法9条でしょう。
  憲法9条を踏みにじって、不戦の誓いなどない。

9 安全保障関連法案は、「戦争法案ではない」
 ◆戦争法案である。
  できなかった戦争ができるようになるのであるから、戦争法案である。
  日本国憲法下でできない集団的自衛権自衛権の行使ができるようにし、
  後方支援という名のもとに、武器を運搬し、戦場の隣りで、弾薬を提供
  できるようにし、戦争支援をすることができるようにするのであるから、
  戦争ができるようになる。
  今まで、戦場で武力行使はしない、できないとしていたことをできるように
  するのである。政府は、戦争をしないとしていたことが、政府は、集団的
  自衛権の行使ができるようになるのであるから、戦争ができるようになる   
  戦争法案である。
  わたしは、戦争法案の削除要求を自民党から受けたが、そのときに、戦争
  法案ではなく、戦争関連法あるいは戦争につながる法ではどうかと言わ
  れた。そこまで言うのであれば、戦争法案で何が問題か。
  結局、戦争法案という言葉は、議事録にアップされた。

総理は、戦争は、国際法上禁止されているというが、ベトナム戦争、イラク
戦争など戦争という言葉は使われている。
また、今回議論されている法案で、集団的自衛権の行使についても重要影響
事態についても、国連の決議など何も要件とされていない。国際法上の担保
すら要件となっていない。
なお、国際法上禁止されているのは、侵略戦争であるが、日本政府が、集団的
自衛権の行使と認めている戦後の14件のケースは、ほとんどが大国が小国に
対して行った泥沼の侵略戦争である。

PageTop