福島みずほのどきどき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月22日(日) 兵庫県で、内田樹さんと対談を行います

福島みずほ社民党国政報告会2016「政治を市民に取りもどす」
安倍政権は憲法と民意を踏みにじり「安保関連法」を強行しました。7月に予定されている参院選では改憲勢力2/3を目指すことを明言。今夏以降「緊急事態条項」をめぐる改憲の動きは強まるでしょう。これは、かつてワイマール憲法の元でヒットラーが「全権委任法」により独裁国家を狙った手口と同じです。

「安保関連法は戦争法である」といち早く指摘し、国会論戦で安倍首相と真っ向勝負した福島みずほ参議院議員。人間を使い捨てる時代にあって、生きた言葉と思想の大切さをわかりやすく説く内田樹さん。二人が「政治が暴走するこの時代に、どう考え、どう行動するべきなのか」を語り合います。

二人と一緒に、今こそ政治を市民に取りもどしましょう。

※ 手話通訳あり

日時 2016年5月22日(日)14:00(開場13:30)〜
会場 いたみホール
住所 〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-1-3(TEL 072-778-8788)
参加 無料
定員 1200人
主催 国政報告2016「政治を市民に取りもどす」実行委員会
事務局 地域に生きる川西市民の会
問い合わせ 川西市萩原台東1-275-3(TEL 090-3613-7069)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。