FC2ブログ
 

福島みずほのどきどき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

忙しい、有意義な一週間でした

6月29日(日)
 ここ一週間忙しい。というかずっと忙しいけれど、特に忙しい。
 
 岩手・宮城の地震の現場に行き、秋田に行った。
 22日は、愛知県と三重県に行き、三重では、三重ユニオン50周年のシンポに、全国ユニオンの鴨桃代さんと参加をした。

 6月23日は、沖縄県の慰霊式へ。
 ひめゆのの記念館へ行き、様々な慰霊式や平和の礎に行ったが、人々の心の傷や思いが、こんなに深く、しかも現在進行形で進んでいる今の問題であることを痛感した。沖縄の社民党選出の照屋寛徳さん、山内徳信さんなと゜と一緒にまわった。

 ひめゆりの慰霊式に参加をした。
 県会議員になった社民党の30代、仲村未央さんと一緒だった。
 彼女のおじいちゃんの妹が、1945年夏に亡くなっている。写真も記念館にあった。
 8月15日ではなく、6月23日が沖縄の終戦と言われている。
 ところで、6月23日にひめゆりの人たちも含め、解散命令が出たけれど、それからみんなは、ずっと逃げまどってなく亡くなっているのである。
 米軍に見つかったら殺されると思っているから、逃げることしか考えられない。糸満の海岸は、絶壁もあるので、落ちたり、逆に飛び降りて、亡くなったり、餓死したり。
 子どもで、1ヶ月以上も逃げまどって、と゜んな思いだっただろう。
 
 ひめゆりの慰霊式に参加したときのこと。
 わたしの隣に座っている男性が、時間を気にし、お坊さんに、自分が早目にお焼香できないか頼んでいた。順番だと遅くなるので。聞くと、帰りの飛行機の都合とのこと。
 彼は、お焼香をして、手を合わせていた。
 妹さんが、亡くなったとのことである。
 悲しそうに、思い詰めたようにしている。
 毎年、来ているようであった。
 自分の妹が、戦争で死んで、毎年、慰霊にきている。

 様々な慰霊の場所に、お酒や飲み物や果物や食べ物、花が手向けらている。
 みんなの傷は、ちっとも癒えていない。

 沖縄で、戦争と平和のとを深く考えた。
 
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。