FC2ブログ
 

福島みずほのどきどき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄へ。沖縄県知事選が11月19日にある。
明日が選挙の告示日。
夜、辻元さんたちと居酒屋で沖縄料理を食べる。ゴーヤチャンプルなどを食べて幸せ。
知事選に何としても勝たなければ。
PageTop

朝、民主党の小沢代表に電話する。
防衛庁省昇格法案は野党共闘の試金石である。


沖縄県知事選なんとしても勝利しようと確認しあう。
そして、このこともあり、防衛庁省法案は、今国会では成立させず、慎重審議であるべきではないかとわたしの方から話をする。
小沢代表は、内部でも心配の声があり、幹事長などに支持したとの返事であった。「与党に協力することはないですよね。」というと、「談合問題などが解決しないで、省昇格はできない。」というのが、小沢代表の答えであった。


沖縄県知事選挙はなんとしても勝たなければならない。
今の国会の悪法を止めるためにも、沖縄と日本の平和の実現のためにも、憲法改悪をさせないためにも勝たなければならない。



そのためにも野党共闘の試金石として、民主党が防衛庁省昇格法案を成立させないように、おおいに働きかけ、成立をさせないようにがんばっているところである。
障害者自立支援法反対の人達が14000人国会に請願デモにくる。熱いアピールに感激。
PageTop

本会議。


北朝鮮核実験と国連決議に関する第一回勉強会。
インタビューが続く。


デンマークの教育制度について国会図書館からレクチャーを受ける。
大学の入学費も授業料も無料であり、しかもデンマーク国籍の者は生活費として毎月8万円もらえる。
小学校のときは試験も通知簿もない。
国際的な統一試験の成績の結果は良くないのだけれど、学校が楽しい、自分は勉強の力があると思うというのが断突なのである。
面白い。成績がいいことにこしたことはないけれど、学校が楽しいという子どもが多いことが一番ではないか。

統一試験のフィンランドは意外や意外高くないし、日本はましてや学校が楽しいと言う子どもは多くないのである。
何はともあれ楽しい、自分は勉強ができると子どもは自分で思えるほうが絶対にいい。
デンマークの教育って面白い。


この間、イギリス、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、ノルウェー、デンマークなど各国の制度を勉強してきて、資料やレジュメをもらい、解説を受けてきた。
次は、カナダの多元主義文化を教える教育について教えてもらう予定。
いろんなことを今の教育の論議にも生かしていきたい。
PageTop

厚生労働委員会。
林業で働く人を育成することと労災について聞く。
パートの人たちのための新しい立法をするよう大臣に求め、そのなかみについて質問。今とにかくまともな法案が出てくるよう頑張って質問する。
出産について。奈良で起きた妊婦の死亡事故をなくすことこそ厚生労働委員会の仕事であるはず。そのことを質問する。


今厚生労働省は、出産する病院の集約化を進めている。こんなことをやると、産気づいたときに、遠くの病院に車で行くことになってしまう。
自分の生活圏に出産できる病院がなくなってしまったら大変だ。
今実際に4時間かけて吹雪のなかを車で走らせて出産をしたとか、車のなかで出産したという例をよく聞く。
政府の出産病院の集約化はおかしいということを質問する。
リハビリの打ち切りも質問したかったが時間がきてしまった。次回はガンガン質問するぞ。


四野党幹事長会談。


わたしの出版記念パーティー。
1年に1度のパーティーである。
いろんな人に出会えるのでわたしは幸せな日。
多くの人に来てもらってハッピィー。とても嬉しかった。
来てくれた人、準備してくれた人、手伝ってくれた人、サンキュー。

DSC_2977.jpg

DSC_2974.jpg

DSC_2973.jpg

DSC_3034.jpg

DSC_3037.jpg

DSC_3055.jpg

DSC_3002.jpg

DSC_3000.jpg

DSC_3004.jpg

DSC_3071.jpg


DSC_3090.jpg

DSC_3208.jpg

DSC_3201.jpg


DSC_3173.jpg


DSC_3263.jpg

PageTop

以前医者の多田富雄さんにお会いして、リハビリの打ちきりの話を聞いた。
診療報酬の改定で最長180日となり、4月1日からすべてのリハビリを受けている人が、リセットで、カウントが始まったので、今日9月27日が打ちきりとなる。
例外を設ける通知もあるのだけれど、見にくいわかりにくい通知で、医療の現場ではみんな「打ちきりです。」と言われ。動揺をしている。
リハビリはとても個別的な特色を持つものなのに機械的、一律に180日と決めて打ちきることがそもそも大問題なのだ。
そのことについて、厚生労働省の担当者と話しあう。
「多田さんの構音障害は打ち切りとなるのか?」と聞くと、「構音障害ということではだめだが、脳性麻痺による障害ということならできる。」という答え。しかし、病院から打ち切りと言われている。
この問題の改善については、撤回も含め、がんばって交渉していく。


組合と働く現場について話しあう。
PageTop

宮崎から帰ってくる。


民主党の党大会に行く。
わたしは党首になって3年目だが、民主党大会に出席したのは初めてである。
今国会で、継続審議となっている教育基本法改悪法案、憲法改悪のための国民投票法案、共謀罪、防衛庁の省昇格問題、そして提出されるかもしれない自衛隊派遣恒久法案を廃案に追いこむため頑張りましょうとエールを送る。


その後わたしたちは退席したが、その後、小沢代表が入院との報道にびっくり。

社民党の部会で、先日東京地方裁判所で、日の丸・君が代の教育現場での強制について、内心の自由を侵し、違憲であるとの判決を勝ち取った原告の人たちの話を聞く。
教育に強制はなじまないということでまったく意見が一致。
この判決のなかみをおおいに広げ、運動を広げていきたい。
PageTop

今日は自民党の総裁選。
安倍氏が総裁に選ばれる。


社民党は安倍内閣と全面的に対決し、リベラル勢力の結集をめざしたい。


タイの軍事クーデターに驚き、心配している。
何が起きているのか注目し、見守り、考え、行動していきたい。
PageTop

今日は埼玉県へ。
障害者自立支援法が成立した後、現場で悲鳴が上がっている。
議員会館で話を聞いたり、勉強会をするだけでなく、現場へ行こうと出かけたのである。
「ぜひ現場へ出かけていくべきだ。」とのメールが少し前に届いた。そのこともあって現場へ行くことにした。


共同作業所と福祉会運営重度障害者生活ホームと精神障害者小規模通所授産施設販売のお弁当を食べながら、当事者と現場との意見交換会をする。


障害者の人たちに対して、応能負担から応益負担になり、基本的に1割負担となった。そのために授産施設などに通うことをやめる人たちも出てきている。作業所での食事が有料になったことで、しわ寄せがきているという話も作業所で栄養士さんに聞いた。また、障害のある子どものいるおかあさん2人にも話も聞いた。


体験したことや話してもらったこと、感じたことを障害者自立支援法の問題点として質問していきたい。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。